ブライダルローン 挙式費用

挙式費用をブライダルローンで用意するには

結婚式はとてもお金がかかるものです。
当初予定していた金額よりも、さらにお金が必要になってしまったなんてことも珍しくはありません。
もしお金が足りなくなったら、ブライダルローンがおすすめ。
ブライダルローンは挙式費用を賄うためのローンなので、挙式費用が足りない時はぜひ利用してくださいね。
ここではブライダルローンの利用の仕方、またブライダルローンの種類について紹介しています。
借りる前に一度読んでおきましょう。

挙式費用を賄えるブライダルローン以外のキャッシングランキング

 

挙式費用のブライダルローン1位アコム

即日融資のアコム

挙式費用をブライダルローンで借りる事が出来なかったときはキャッシングのアコムがおすすめ!

即日融資が可能となっているので、すぐにお金が欲しい時でも安心です。
時間制限があるので、すぐにお金が欲しい時は早めの時間から申し込んでおくといいですよ。
すぐに返せる額を借りるのなら、30日の無利息サービスがおすすめ。
30日間は利息がつきませんので、お得に借入ができます!
申込みはネットから簡単にできるので、スマホやパソコンから行いましょう。

 

アコムでの借入ポイントは?

  • 急な出費でも即日融資だから対応できる!
  • 初めての利用に限り30日間の無利息サービスが利用可能!
  • ネット申し込みなら24時間365日対応!

ブライダルのローンを利用する方法

ブライダルローンを利用しよう

結婚式にかかるお金を負担しきれないときに、ブライダルローンを利用して結婚式費用を用立てるという方法があります。

ブライダルローンを利用する人が多いのは、結婚式には様々な費用がかかるためです。
新郎新婦の衣裳代や写真費用だけでなく、列席者の移動費、食事代、引出物料金、挙式費用など様々なものがあります。
世界で一つきりの結婚式にしたいと、オリジナル色の強い結婚式をプランニングする人もいます。
ブライダルにかかる費用も高くなるケースが多いといわれます。

 

結婚式の後は2人の新しい生活が始まる人が多いですが、新生活の電化製品などを一式買い求めると結構な費用になります。
ブライダルローンを利用してお金を用意する人も増えているそうです。
結婚式の挙式費用や、新生活の資金にするためにお金を貯めていたという人であれは、ローンを使わずともまとまったお金が出せることでしょう。
手持ちのお金だけでは不足しているという人は、親からの援助や、ブライダルローンを利用することになります。

 

 

コツコツと定期預金をしていたものの、結婚式の資金にするには不足していたという場合、何に使うかビジョンが出ないこともあります。
全額借りるのか、足りない分だけ借りるのか、お金を借りる方法は分かれます。
どちらが得なのか預金の金利とブライダルローンの金利を比較してみましょう。
低金利のローンで、現在は別なローンを利用する予定が全くないという人は、ブライダルローンではいい条件で融資を受けられるでしょう。
ブライダルローンを使って貯金は生活資金として使わないようにしておく事もひとつの方法です。

 

 

ブライダルローンの種類

ブライダルローンの種類

ブライダルローンには、貸付条件や融資の内容で複数の種類があります。

定番のブライダルローンは、結婚式場とローン会社とが提携しているもので、ローンの手続きは式場を仲介して行うというやり方になります。
披露宴にかかる費用一式はクレジットカードを使って式場側に支払い、その後に分割払いなどをすることで返していくこともできます。
ブライダルローンには、他のタイプのお金を借りる方法もあり、直接振込み型と呼ばれています。
ブライダルローンを直接降り込み型にいると、ローンを組んだ人は金融機関に借りたお金を返済しますが、結婚式場や旅行会社、宝石店などには別途に支払いを済ませます。
結婚式の費用はもちろんのこと、衣装や指輪、新婚旅行なども一括して手続きできるような結婚式場の場合は大変便利な方法です。

 

 

ブライダルローンの方法の中には、貸付型と呼ばれるものもあるようです。
貸付型は、ブライダルローンの手続きをとると、指定の口座にお金が入金されます。
返済の口座は事前指定されており、借りたお金を返す時には利子をつけて指定した口座へと返済を行います。貸付型のタイプはローンを組む時に一番よく見られるタイプです。
ブライダルローンにはいろいろな種類があります。
全てのブライダルローンが使えるわけではなく、旅行代理店や、結婚式場ごとに条件は違います。結婚式や披露宴の内容とあわせてブライダルローンについても確認するようにしましょう。